iframe{ max-width:100%; } iframe{ max-width:100%; } 「2014年10月」の体験談一覧 | 天華の救済 公式体験談サイト

「2014年10月」の体験談一覧

頑固だった私が、ありがとうが言えるように

私は昭和15年(皇紀・紀元※2600年)、香川県高松市に父文雄、母千代子の、3人の子の次男としてこの世に生を受けました。その年は紀元2600年を祝い、全国でちょうちん行列のお祝いをした年でもあったそうです。
祖父の時・・・

自殺者の絶えない家、苦難の連続の人生をプラスに変えることができ

私は、3人きょうだいの次男として生まれましたが、もともとは母方の姓でした。

しかし、高校入学前に、両親から「父は養子なので、父方の跡継ぎが誰もいない。父方の姓を継いで欲しい」と言われ、当時は、何も分か・・・

「家族全員が健康になったすばらしい毎日です」のおもいが実現

私が大自然の法則に出会ったのは、20年前のことです。

30代の当時、年齢とともに崩れていく女性の体型維持をうたう下着の「ファンデーションアドバイザー」を職業として40代に突入。好成績を上げながらも、職・・・

理屈屋で自分中心だった私が、「よろこびの表現体」に目覚めて

私は幼少のころより理屈屋の「なぜなぜ人間」で、数学が大好き。一つことに凝る方で、中一時代は釣りに夢中になり、中二にはラジコン模型にはまっていました。
破綻しかけた夫婦関係修復へ最後の賭け
ある日、私は会・・・

不安が消え、仕事もできるように

私は、若いころから不平不満をため込む内気な性格でした。職場の人間関係にマイナス要素がいっぱいで悩み、体もこわして長年勤めていた仕事も辞めていました。
真理を知って衝撃を受け
ある日姉が、「『生きざまを変・・・

父を責める気持ちが消え、家族の歩む道も整って

私にとっての両親は、とにかく「働き者」。父は山梨、母は長野の山深い田舎で生まれ育ったせいでしょうか、正直で真面目な両親です。家族のため、子供のために、身を粉にして働いていた姿は、強く記憶に残っています。実家は、山梨県の山里にあり、・・・

精神病から立ち直り、希望にみちた毎日に

僕は小さいころからけんかばかりしていました。保育園のころから不安と恐怖をものすごく感じながら生きてきました。
学年一の問題児で
小学校のときには陰湿ないじめにあい、その反動で僕もいじめをするようになりま・・・

いつも自殺願望を抱いていた私が、よろこびを周囲に伝えるように

私は生まれてから成人するまでを愛媛県今治市で過ごしました。経営者の父はきわめて厳格だったため、叱られないように「よい子」として立ち回る自分がいました。

両親はとある宗教団体に所属していました。その影響・・・

両親との対話を避け、傷つきやすかった私がよろこびの表現体に

わが家は野球少年の兄、少年野球コーチの父というスポーツ一家で、私は朝から晩まで、よく外で遊び、日焼けした元気な子でした。小学校時代はドッチボールチーム、中学時代はバレーボール部に所属しました。
父が酒に溺れ、家族関係・・・

「人のために生きたい」念願が実現し

私は、現在は長崎市に統合された五島列島に生まれ育ちました。五島列島は、戦国時代よりキリスト教が広まり、今も信徒が全国一という島原も近いところです。あちらこちらに教会が建ち、両親を始め、6番目の自分含めて7人のきょうだいは、日曜ごと・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ