iframe{ max-width:100%; } iframe{ max-width:100%; } 「2014年5月」の体験談一覧 | 天華の救済 公式体験談サイト

「2014年5月」の体験談一覧

悩んでばかりだった私が、幸せいっぱい、感謝いっぱいに

私が「天華三法行(てんかさんぽうぎょう)」を始めたきっかけは、書店で買い求めた1冊の本でした。

その本の中にあった「苦しみが喜びになれる」という言葉が、私をとらえました。
悩み苦しみ、暗・・・

天華三法行の繰り返しが一生の楽しみに

子どものころから人生を模索
―― ご趣味の神社、仏閣にはいつごろから興味を持たれたのですか?

■ 昔から神社、仏閣が好きで、20歳のときに尼になって仏門に入ろうと思いました。小さいころか・・・

ただ繰り返しにより全てが整い

私は、生まれたときに股関節脱臼があり、そこにカリエスまで患って、幼稚園に入園するまで、母に背負われて毎週通院していました。そのころ、私の父も結核を患っており、兄も学校の健康診断のレントゲンで胸に影が見つかり、祖母が付き添って通院し・・・

人間関係がどんどん改善して

私が三法行(さんぽうぎょう)と出会ったきっかけは、今から3年前、仕事や子どものクラブチームでの人間関係に悩んでいるのを見た姉が、「これを読んでみて」と、1冊の小さな本を渡してくれたことでした。

それを・・・

両親の離婚、出会いの失敗……1冊の本との出会いが救いに

私は愛知県で、兄2人、姉2人、妹2人と、7人きょうだいの真ん中に生まれ育ちました。父が酒好きで、夫婦げんかが絶えない家でした。

酒を飲んでない休みの日、父は母を家に残し、子どもたちを連れて釣りに、一方・・・

自分も家族も良い方向に変わり

子どもを通して知り合った方にお声掛けいただいて、天華三法行(てんかさんぽうぎょう)をやらせていただくことになりました。

初めのころは、訳もわからずやっていましたが、そのころは、気分の浮き沈みが激しく、・・・

元気な心身を取り戻し、天職にたどり着いて

私は公務員の両親の元に、3人きょうだいの末っ子として生まれ、一人っ子のように大事に育てられました。

ごく小さなころには、日中、母の実家に預けられ、一人で絵を描いたり、本を読んだりして過ごしました。その・・・

家族が皆、病気を問題としないように

私は、昭和24年、4人きょうだいの3番目、次男として福岡県に生まれました。

5歳のころ、父は会社勤めを辞めて燃料販売を始め、母は家事のかたわら父を助けて働くようになりました。二人で苦労しての商売だった・・・

引きこもっていた私が、元気で活発に

マイナスの波動が嫌で仕事を転々
―― どんな子どもさんでしたか?

■ 母の後ろに隠れているような、人見知りの激しい子どもでした。

―― 小学生になっても……・・・

大事故から奇跡の生還後、自然の法則に沿えるように

私は、4人家族、2人兄弟の兄として、愛知県に生まれ育ちました。決して裕福な家庭ではありませんでしたが、父と母が同じ職場で仕事をし、生活には困ることなく育ててもらいました。

父は手先が器用で、今、母と弟・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ