iframe{ max-width:100%; } iframe{ max-width:100%; } 「2014年3月」の体験談一覧 | 天華の救済 公式体験談サイト

「2014年3月」の体験談一覧

窮地にいたシングルマザーが幸せいっぱいに

兄と2人きょうだいの私は、長崎県壱岐市の農家に生まれ、両親の愛情を受けて育ちました。同じ壱岐市内に仲の良いいとこがいて、小さいころは家も近く、姉妹のようによく遊んだものです。いとこの中でも一番仲がよく、思えば、そのころから、2人は・・・

赤い糸に出会えて、商売も繁盛

私は、静岡県に代々続く家の長男として生まれました。祖父の代からは卸問屋を営むようになり、私は長男なので、将来は家業を継ぐものだと子どものころから思っていました。

中学2年生のときのことです。両親が車で・・・

「今の職場が最悪だと思ったときに転職するな」

私は昭和19年3月満州で生まれました。母はその年の8月27日他界したため、わずか5か月ほどで生みの母との別れになりました。父親は満鉄(満州鉄道)に勤めていて仕事のため私を育てることができず、私は母の姉の嫁ぎ先の養子となりその家で育・・・

死に至る病を克服でき

私は昭和22年、広島県の農村に生まれました。当時の交通事情というと、今のような舗装道路は皆無で、全てが砂利道でした。車と言っても、オート三輪かオートバイ(二輪車)が一日数台通る程度でした。小学校への通学は、片道5キロメートル余りの・・・

長年信仰しても見つからなかった答えはこれだったんだ!

私はきょうだい、夫婦、嫁しゅうとめなど身近な人間関係に悩み、何とか人生を変えたい、家系に流れるものを変えたいと思い、若いころより長年信仰をしてきました。信仰を通じて私は、「神様は、人間が共に陽気暮らしをする姿をご覧になって楽しみた・・・

ただただ天華三法行を楽しく繰り返して

子ども時代に培ったもの
―― 小さいころの遊びは?
■ 川に泳ぎに行ったり魚を捕ったり、冬は山に行き、途中お弁当を食べて、一日かけて降りてきたり、田んぼに水を張ってスケートをしたりしていました。田植えの・・・

60兆の細胞全てが前向きに

私は、昭和44年大阪市に、若くから建築会社の現場の仕事一筋、監督を務める父と、生命保険会社所長の母の下、3人きょうだいの真ん中に生まれ、両親が働く背中を見て育ちました。子どものころは、注射が大嫌いで、医者に連れていかれる度に、大声・・・

奈落の底から家族が最高の毎日へ

私の生まれ育ったのは、現在の秋田県由利本荘市で、当時は町より十キロも離れた山奥の村で、とても静かでのどかな所でした。家は農家で、両親は毎日朝早くから夕方遅くまで農作業に従事していました。その当時、村には会社などなく、住民の生活形態・・・

感謝にあふれた毎日を送れるように

私は、小さいころから口うるさい父のことが大嫌いで、顔を見る度に反発しては困らせていました。高校時代、私はお付き合いをしていた男性と実家で一緒に暮らすようになっていました。心配した両家の両親は、世間体も考え、私が17歳のとき、入籍手・・・

崩壊寸前の家が救われて

私は、山形県北部に、2人きょうだいの長女として生まれました。祖母が4代目を営むお店は繁盛していて、私も店番を手伝ったりしました。幼年期には、海や川、田んぼと自然の中で近所の子どもたちとよく遊びました。一方で、祖母に溺愛されて育った・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ